2017年10月12日

NEXT V6JはOC-253かOC-254

おはようございます!蒸し暑ーい@大阪。昨日の夜は27℃もあり、暑くて汗かきました^^;今朝はまだ雨は降ってませんが、どんよりとした厚い雲に覆われています。これから雨かな?この雨のあとは寒くなるのかな?

さて〜来年のV6Jの行先ですが、色々検討した結果、OC-253のMurilo島かOC-254のTa島になりそうです。現地のケニーさん(コーディネーター)が今、島の酋長さんにコンタクトを取っていますが、いかんせん南国時間が流れているのと、島にはCB無線しか連絡手段がないものですから難しい><そんな中でも、頑張ってケニーさんが政府の運輸省や島の行政官の方に掛け合ってくれています。今は返事待ち状態ですが、ここはケニーさんのコネクションでクリアしたとしても、次の難関は政府の船なのですよね^^;こちらが一番の問題です。。。いち早く予定表を手に入れてもらうようにお願いしている最中です。また何か分かり次第お知らせします。

☆OC-254のTa島には、飛行場がありますので、Mokilのように帰りをセスナ。と言う選択肢もあるのでちょっとだけ有利です。船で行けば現地の滞在は10〜11日間になりそうです。
☆OC-253の場合も政府船で行くと現地滞在は10〜11日間になりそうです。こちらは飛行場がないので、帰りの船がやってくるまで、必ず待たないといけません。
☆船のチャーター、もしくはヨットチャーターの手もありますが、政府の船orセスナを使わない離島移動には、州政府の離島訪問許可書(ヤップ方面)が必要です。もちろん、部族の酋長さんの許可も必要です。
☆その他ミクロネシアの無人島は、部族の酋長の許可無しで勝手に上陸出来ません。無人島は現地の人のウミガメ漁の起点となっていますので、縄張りがあります。

アマチュア無線に関しては、知らない人が見るとスパイ活動と思われがちなので、必ず現地の許可を取って頂きたい、とケニーさんは言っていました。確かに、CWなんてやってると、怪しさ満点な感じですものね^^;もし、ミクロネシアの離島へ渡る計画がありましたら、必ず許可を取ってくださいね。政府船のC/VやM/Nまたはセスナで行く場合は問題ありません。

と言うことで、現在来年へ向けての話を進めています。政府船のスケジュール表が届き次第、送ってもらえることになっていますので、もしかするとまた電撃出発になってしまうかもですが、またV6Jの信号が聞こえたら声を掛けてやって下さいませ。こちらは、アンテナの再設計・リニアの回り込み防止対策など、出来ることをボチボチ進めていきます。

久しぶりに、無線的話題があって良かった!なんだか、ほとんどQRT状態に陥っていますが^^;細々とでもV6移動など出来たら良いかな〜と思っています。またヘルプよろしくお願いします。それにしてもCONDX悪いですね〜IOTAチェイシングも最近はメッキリダメダメです(笑)ではでは、今日も素敵な一日を!

P1120358S-Mr.-Mayor-Murilo.jpg P1120362s.jpg P1120377S.jpg
こちらは、OC-253 Murilo島のチーフとMurilo島です。綺麗な海だなぁ〜〜行ってみたい!

P1100015.JPG P1100089.JPG
こちらは、OC-254 モルトロックのお祭りの様子と夕暮れ…あ〜〜ほんと海が綺麗そうですネ!


















posted by Mami at 10:18| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする