2017年08月11日

ミクロネシア放浪記その8(さよならMokil)

おはようございます。毎日暑いですね〜お盆休み突入で、我が家はバッタバタです^^;暫くブログも無線もお休みになりそうなので、今日は頑張ってモキール島を離れるところまで一気に書きたいと思います。どうぞお付き合いのほど、よろしくお願いします。

さて、Mokil島を満喫中のV6J御一行ですが、無線ばかりをやっている訳にもいきません^^;村の人との交流やお話などなど。アマチュア無線の説明は本当に難しかったです。日本にいても、まったく知らない人に説明するのって大変ですものね。たぶん…あんまり理解して貰えなかったと思いますが、おおらかなミクロネシア人。おもてなしの心はピカイチでした。日本統治時代の名残りなのかな??ほんとビックリするくらい良くして頂きました。のんびりな島の方ですが、朝昼晩と食事は必ず届けてくれます。チーフも一日に一度は必ず様子を見に来てくれて、小一時間ほどおしゃべりをして帰ります。散歩していると、おばあさんがレモンを持って行けと渡してくれます。教会の係のおじさんも、超親切で、色々と案内してくれました。歩いていると「こんにちは」とどこからともなく挨拶してくれるのです。本当に良い島でした。
DSCN4186-min.jpg DSCF4228-min.jpg
チーフが対岸の無人島へ連れて行ってあげるよ。と言って頂けたので、小舟に乗ってプチ冒険に行ってきました。チーフが採れたてのパパイヤをその場でご馳走してくれます。もちろんYumYum!!
DSCN3928-min.jpg DSCN3927-min.jpg
歩いて数十メートルのところは、素晴らしい海岸です。QSLカード用にと撮った写真ですが、こちらは没になりました(笑)
DSCN3931-min.jpg DSCN3942-min.jpg DSCN3957-min.jpg
空港までは歩いて30分くらいかな?生い茂るジャングルの中をテクテクと歩きました@@まさにインディージョーンズの雰囲気を味わえます。結構楽しかった。空港にはMokil空港ターミナルAがあります(写真最後)いや〜〜〜今まで経験した中で、一番の素朴な空港ターミナルでした。看板も何もありませんでした。
DSCN4283-min.jpg DSCN4260-min.jpg
綺麗な星空を期待していたのですが、残念ながら満月で…月が綺麗だったので、星はイマイチでした。。。写真はチーフのお孫さんのイアン君。夏休みでMokilに帰ってきていました。なんと!日本語をポンペイで個人教師の先生から習っているそうで@@カタカナで自分の名前を書いてくれました。めっちゃ驚き@@あいさつ程度ですが、簡単な日本語は話せて、こちらの話は理解できているような雰囲気でした。どおりで^^チーフは親日ムード満点なのねぇ〜〜へへへ。

なんだかんだと、あっというまに一週間が過ぎまして…帰り支度をしなくては!私たちのセスナの日とポンペイへ帰る船が同じ日だったので、ばたばたでした。朝、ギリギリまで運用をして、その後は急いでお片付け。アンテナをたたみ。発電機もまた箱に入れて、スーツケースにリグ一式を押し込んで。。。とりあえず、船に乗せる予定の重量物を午前中に用意しました。我々のセスナは午後4時と聞いていたのですが、急遽午後1時に変更されて、お昼の12時に空港へ出発を言われて大慌て@@
DSCN4311-min.jpg DSCN4315-min.jpg
皆さまから頂きました暖かいドネーションにて購入した大切な発電機も元の箱に収めました。今回本当に良く働いてくれました。ご協力頂きました皆さま、ありがとうございました!アンテナなどの重量物もセスナには制限があって載せれませんので、船に積んでもらうようにチーフにお願いしました。実は…チーフから発電機を置いていってもらえませんか?とおねだりされていたのですが…「これは借り物なので…」と丁寧に辞退しまして^^;もしかして船に積んでもらえないかも?と思いましたが、ポンペイ港へ荷物を引き取りに行きましたら、預けた荷物はちゃんと無事に届いていました。チーフに大感謝です!
DSCN4324-min.jpg DSCN4343-min.jpg DSCN4351-min.jpg
最後は飛行場まで、荷物が多いので船で送ってもらいました。身体よりも大きな荷物を背負ってるでしょ?これにプラススーツケースなので、歩いたら例のジャングルの道を30分もかかるので、どうしようかと思っていましたが、船なので一安心でした。夕方のセスナの予定が、昼に変更になったので慌てて飛行場へ!「さよならMokil村〜〜ありがとう〜〜」と、手を振ってみんなとお別れ。
IMG_5027-min.jpg IMG_5031-min.jpg
Mokil空港ターミナルAでは、一応原始的な秤で荷物の計量が行われました。その後は、飛行機がやってくるまで、のんびり待ちます。チーフとは「また数年後に来ます。お元気で〜〜」とハグハグしてここでお別れしました。本当に本当にたくさんお世話になりました。
DSCN4367-min.jpg DSCN4371-min.jpg DSCN4373-min.jpg
飛行機は遅れることなく、時間ぴったりにMokilへ到着しました。キャプテンのAlexさん、ロシア系ミクロネシア人です。とってもフレンドリーな人で、我々のV6Jのコールサインを見つけて、すぐに自分の飛行機のコールサインV6-01FMかV6-03FMでエア無線に出てるから聞いて下さい!との事でした。うんうん探すね〜〜と言いましたが…日本からはちょっと難しそうであります^^;「助手席に乗るかい?」と言ってくれて、またとないチャンスなので「もちろん!」とちゃっかり副操縦士気分を味合わせて頂きました。ヤッタ!男前のAlexキャプテン、お隣には女性しか載せないそうな…ま〜ヤングレディではありませんが、ラッキーでした。へへへ。
IMG_5044-min.jpg IMG_5056-min.jpg IMG_5066-min.jpg
無事に飛び立ちました軽飛行機。リーダーは朝からギリギリまで運用、その後片付けなどで忙しかったのでお疲れの為に機内ではほとんど寝てたそうです。貧乏性な私はここでも、寝たらもったいない@@って事で、空からの風景を楽しませてもらいました。ところどころに島もあって、雲の間を抜けて飛ぶ軽飛行機は最高でした!たまにキャプテンが、「マンタ!」とか叫んで下を指さして教えてくれるのですが…残念ながら私は見つけることが出来ませんでした。。。

かくして無事にポンペイ空港に降り立ちましたV6J御一行。OC-226運用も無事に終えて一安心です。現在ポンペイにはケニーさん不在だったので、泊まるホテルへ電話して空港まで迎えに来てもらいました。クーラーの効いた車に乗ると、あ〜〜無事に帰ってきたな。と一安心でした。なんとかポンペイにたどり着いたものの…お金もスッテンテンですし、日本への飛行機は2日後しか飛びません。空港にほど近い安宿に3人一部屋で落ち着いたものの…窓を開けたら壁><しかもクーラーの調子が悪いので暑い!!!ホテルの人に言ったら、扇風機を持ってきてくれたのですが…蒸し暑い窓のない部屋で、クーラーなしで3人の大人がいたらもう最悪><結局ここでもフロントに直談判に行きまして、部屋を変えてもらいました。本当に最後までトラブルだらけでした(笑)クーラーの効いた部屋で、温水シャワーを浴びて、冷たい飲み物を飲んだら、現実世界に帰ってきたな〜としみじみと感じました。
8615.jpg 8616.jpg 8614.jpg
帰ってきて向かいのレストランで、冷たいアイスティーを飲みながら打ち上げの夕食を食べました。美味しかった〜〜♪

さて、こちらは翌日ポンペイ港へ荷物を引き取りに行ったところです。無事に私たちの荷物は船に積まれて、発電機もアンテナも全部受け取ることが出来ました!良かったです。
DSCN4406-min.jpg
Micronesian NavigatorsのNo.2イオアニスさんもいましたよ。チケットを切っていたので、運び賃はおいくら?と聞いたら、「要らないよ」との事。あら…もしかしてチーフが運び賃払ってくれたのかな?それともサービス??スッテンテンだったV6J御一行なので、ここは深く追求せずに、「ありがとう」と荷物を無事に受け取りました^^また2年後に大阪で会いましょう。と言われ、「うんうん、お好み焼き食べに行きましょう〜」と言ってお別れしました。ポンペイではチーフの娘さんにもお会いしました。「お父様に暖かいおもてなしのお礼をお伝え下さい」とご挨拶してお別れしました。

かくして、V6J御一行の珍道中も無事にOC-226Mokil島からの運用も終えて、ポンペイからUAに乗り、グアムへと飛び立ちました。深夜便でしたが、トラックに途中寄港するので、眠るに眠れず…早朝にグアムに到着しました。慌てて取った帰りのチケットだったので、グアムのトランジットが10時間もあり、ホテルをとるか悩みましたが、貧乏V6J御一行なので空港にて待機しました。誰もいない空港を貸切状態で^^;みんなウトウトしながらダラダラ過ごし、やっとの思いで関空行きの飛行機に乗り込み、無事に帰宅しました。なんと合計20日間もミクロネシアに滞在となりました。自分でもびっくりでしたが、すごい旅で、思い返せばまた楽しい旅でもありました。Mokil島、良いところでしたよ。ぜひ機会があったら行ってみて下さい。島民の皆さん、みんな良い方です。書ききれない事もたくさんありましたが、一旦これにて旅行記は終了します。朝から書き始めたブログももうバタバタしていたら夕方になってしまった(汗)長い文章をお読みいただいてありがとうございました。無線に関しては、ハムになってまだ6年のひよっこなので、十分なスキルが備わらず…色々とご迷惑お掛けしました。すみませんでした。。。こんな調子ですが、懲りずにまた来年もどこか離島移動をしようと考えています。リクエストのメールはお受けしますが…確約はできません。これから島の村長さんとのアポ、そしてまたまた悩める船の調達や回り込み対策などなど、やることがてんこ盛りです。たぶん次回も電撃出発となると思いますが、どうぞ聞こえましたらよろしくお願いします。また、旅の思い出を思い出したら…ちょくちょく書きますね!お盆休み突入で、忙しいのでブログの更新は一旦お休みします。皆さま、楽しいお盆休みをお過ごしください。また連休明けによろしくお願いします。ありがとうございました♪ではまた〜〜〜





















posted by Mami at 17:20| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ミクロネシア放浪記その7(Mokil島2)

おはようございます〜♪またまた蒸し暑さ全開の@大阪。今日は少し青空が見えております。きっと昼間は暑くなりそう…ふぅ〜お盆休み目前ですが、結局部屋の片づけも出来ず><そこらじゅうに散らかったものをスーツケースに押し込んでしまう羽目になりそうです(笑)一度すべて断舎利しないとどうにもならなそうであります…

放浪記を始める前にご報告!今回のV63YL&V6JのQSLが出来上がりました。これからぼちぼちQSL業務を進めたいと思います。お盆休みもあるし、量も多いので…少々お時間かかるかもしれませんが、必ず発送しますので、しばしお待ち頂けますようお願いします。
V6JQSL-1.jpg V6JQSL-2.jpg
こちらがV6J(OC-226)
QSL-1.jpg QSL-2.jpg
こちらがV63YL(OC-010)です。
申し訳ありませんが^^;今回、両方ともBURO・LOTWの取り扱いはありません。ダイレクトオンリーです。82円切手を貼ったSAEを同封してJP3AYQ宛にお願いします。すべての紙QSL発送業務が終わりましたら、e-QSLを送りますので、紙QSLが不要な方は交信証明はこちらでDLして頂ければと思います。よろしくお願いします。

さて、V6J御一行の旅も中盤を過ぎました。無事にMokil島へ辿り着きました御一行^^無線はもちろんの事ですが、ちゃんと島の方との交流も楽しみました!
DSCN4114-min.jpg DSCF4088-min.jpg
島でもう一つの立派な建物は教会。日曜日に行われるミサは、きっと村の行事の一つだと思われます。教会の方が村のパーティから病人のお世話まですべて仕切っている感じでした。今回は同じ船に宣教師さんの団体がご一緒でして(もしかするとその関係で、船室が3人なのに狭い2人部屋に割り振られたのかも??)Mokil教会では日曜日に特別なミサが行われて、その後パーティでスペシャルランチが振る舞われるとの事でした。チーフに「ぜひ教会へいらっしゃい」と誘われ、3人ともキリシタンではありませんでしたが、見学も大歓迎。との事なので、とぼとぼと歩いて行ってきました。日曜日のミサはみんな正装です。女性はムームー&髪飾り、男性は襟付きのシャツに長ズボン。こんな事もあろうかと、私はフィリピンで買った、日本では恥ずかしくて絶対着れない様なオレンジのリゾートワンピースを持ってきてて正解でした。3時間あまりの長いミサ…木の椅子でお尻が痛くなりましたが、生のゴスペルは素晴らしかった!!教会に響き渡る綺麗な歌声に、心が洗われるような感覚になりました。そして、最後にお布施をする場面が…あ〜〜ミサに知識のない我々><お金を持ってきていなかったのであります^^;島でお金は使いません…と申しましたが、日曜日のミサには少額のお金は必要です。集金のお兄さんに、「すみません…お金持ってません」と謝り…スルーして頂きました(汗)その後スペシャルランチとの事でしたが、チーフが「後から弁当にして持って行ってあげるよ」と言って頂けたので、我々はまた炎天下の中、とぼとぼとシャックへ帰りました。
DSCN3548-min.jpg
これが、後程届けて頂きましたスペシャルミサ特製ランチボックス@@食べきれないくらい多くてびっくりでした。お味はもちろん美味しかったです!
DSCF4300-min.jpg DSCN3502-min.jpg DSCN3584-min.jpg
現地でのお食事はこんな感じです。お米を一袋持っていきますと、食事は無料で提供して頂けます。焼き魚や魚のフライが中心ですが、ポンペイでカップ麺生活だったので、めっちゃ美味しかったです。チーフの奥さま達が作ってくれて、シャックへ毎食運んでくれます。超幸せ♪採れたてのお魚のお刺身も出ますよ〜冷えてませんが、レモンと醤油で美味しく頂きました。そうそう。ミクロネシアでは、離島での飲酒は禁止です。お酒を飲んで暴れると、島の牢屋に入れられます。。。島に警察はありませんが、取り締まりは厳しいようです。ま〜冷蔵庫がないので…実質ビールなどは飲めないですし^^;レモンジュースとココナツジュースで十分です!
DSCN3985-min.jpg DSCN3433-min.jpg DSCF4161-min.jpg
ずっと無線ばかりしてると、お尻も痛くなっちゃうので、一日に一回は少し気分転換に散歩に出ました。小さな子供もココナッツ採集を手伝っています。軒先では採れた魚を干物にしていました。これは日本時代の名残なのかな?各家庭に火元はありません。お料理は地区ごとの大きな台所が海辺にありまして、そこでみんなで共同で食事を作ります。これも、火事を防ぐ意味があるのかもしれませんね。
DSCN3533-min.jpg
我々の借りたシャックの下は、Mokil島の人がポンペイや船と交信するための小さなラジオシャックになっていました。交信が始まると我々の電波が回り込むため…V6Jは一日に何度かQRXになりました。使っていたリグはヤエスのオールバンド機っぽかったです。不具合があったので、直してくれと依頼されて、男性陣が直していました。下の無線機は治りましたが、チーフの個人的な無線機は治らず…「持って帰って、修理してからケニーさんに送りましょうか?」とご提案しましたが、「お金がかかるからいいよ」と言われてしまいました^^;「次に来るときには何か無線機持ってきますね」とお約束して、壊れた無線機は置いてきました。
DSCN3795-min.jpg DSCN4048-min.jpg
本当に綺麗な空気、青い海、青い空、ピンクサンドビーチ!この世の楽園のようでした。
DSCN3859-min.jpg DSCN3890-min.jpg DSCN4121-min.jpg
チーフと家族の皆様と記念撮影。みんな暖かい人々。子供たちは本当に明るくて元気!ポンペイ島から、同じ船に乗っていた夏休みの里帰りの子供もたくさんいました。普段80人しかいない村が200人くらいになるのですから、そりゃ賑やかですよね!
DSCN3913-min.jpg DSCN3914-min.jpg DSCN3903-min.jpg
そうそう、我らがV6Jリーダーはなんと!Mokil島で70歳のお誕生日を迎えられました。ビールがないのでココナツジュースで乾杯。ココナツに「HB」と「70」とナイフで掘りまして、これをお誕生日プレゼントに。ちゃんとこの後、このヤシの実ジュースを飲んで頂きました!我々のシャックの下は、村の会議場です。特別に中を見せて頂きました。一日に何回か降るスコールで、毎日虹を楽しめます。綺麗でした@@

さて〜〜今日もそろそろお昼なので、この辺で!ちょっと長すぎて飽きてきますね。。。すみません。明日はさよならモキールに突入したいと思います。無線関連の事は、リーダーが月刊FBニュースに執筆してくれています。そして8/19日発売のCQ誌9月号にも掲載させて頂きます。どうぞそちらも合わせてよろしくお願いします。こちらのブログは無線とはあまり関係のない、旅行記となっていますがどうぞご了承くださいませ^^;ダラダラですみません!!

リア生活、多忙につき…メール返信忘れていることもあるかもしれません。返信がなかったら「おーい、どうなってますか?」と再送よろしくお願いします。お盆明けまで、きっとばたばたと思います。。。ほんと、貧乏暇なしスッテンテンです^^;あ〜〜〜〜ドラクエもやりたい!!!全然レベル上がんないよぉ…とほほ。

ではでは〜〜今日も良い一日を!












posted by Mami at 11:05| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

ミクロネシア放浪記その6(Mokil島)

おはようございます。台風一過の@大阪、今朝は晴れるかな?と思ったのですがまだ曇に覆われております。毎度の事ながら…大阪の北部は雨が降ったくらいで、風もさほど強くなかったです。ちょっと気温も下がったかな??暑さも一段落となってくれると良いのですが…週末からお盆休みなので、家も片づけなくちゃと思いつつ…まだスーツケースは空きっぱなし…もう片付きそうにないので、一旦このまま閉めるか〜〜とかズボラな事を考えております(笑)ほんと分身の術でも使えたらいいのになぁ〜〜

さて、念願のMokil島へたどり着きましたV6J御一行。飲料水もない、電気もない、太平洋の真ん中に浮かぶ小さな島に7日間の滞在となりました。ピーピー貧乏だったV6J御一行ですが、Mokil島にはお店がございませんので、お金は一切使いません。この点は、一週間一安心でした^^;飲料水は持ってきていましたが、シャワーや洗濯に使うのは雨水です。屋根からトユを使って雨水タンクに溜まる仕組みになっています。屋根がさび付いているので、出てくるお水は薄茶色いのですが…貴重な真水となります。その他、井戸もあるのですが…トラベラーが飲むとたぶん一発でノックアウトとなると思われます。電気はありません。チーフのお話によると、昔フランスの企業がやってきてソーラーシステムをつけてくれましたが、バッテリーの寿命が尽き、そしてその後のメンテナンスは有料だそうで、お店もないような現金収入のないMokil島で、当然修理やメンテナンスも出来ずに今はゴミとなっているのだとか。。。なんともね〜とても綺麗な島に、あちこちにソーラーシステムのゴミが散乱しているのも…お話を聞いて胸が痛くなりました。チーフが愚痴りたくなる気持ちもちょっぴり分かりました。。。これも都会に住んでいると気づかないことの一つだなと勉強になりました。。。
DSCF4074-min.jpg DSCN3414-min.jpg DSCN3422-min.jpg
村の中をテクテク歩くと、まばらにお家があります。車もありませんので、めっちゃのどか!村のはずれには立派な学校がありました。
DSCF4143-min.jpg DSCF4152-min.jpg
ちゃんと立派な校舎とグラウンド、そして図書館までありました@@使っている教室はたぶん1-2室のみで、他はほぼ廃墟っぽい感じでした^^;
8507.jpg DSCF4078-min.jpg DSCN3427-min.jpg
その学校はちょうど島の一番端っこにあるので、ヤシの木の間を抜けるとなんと美しい@@ピンクサンドビーチ!まさかMokilでピンクサンドビーチを体験できるなんて思っていなかったので感激でした。ピンクサンドビーチとは、サンゴのかけらが集まって出来たビーチで、赤いサンゴが多く集まっているとビーチ全体がピンク色の砂浜に見えることから、ピンクサンドビーチと呼ばれています。バハマやカリブ海には良くピンクサンドビーチの話は聞きますが、ちゃんと太平洋にもありました!あまりにも綺麗だったのでジップロックに詰めてお持ち帰りしました。たくさんあるので、もし欲しい方がいらっしゃったら少しお分けます。82円切手を貼ったSAE送ってくださいませ^^実際に見てもらうと、あ〜〜なるほどな〜と思って頂けると思います。もし来年もV6Jとして関ハムにブースを間借り出来たら展示しますので、見に来て下さいね^^次の島の砂も展示出来たら面白いかな〜とかも思っています。
DSCF4080-min.jpg DSCF4096-min.jpg DSCN4298-min.jpg
遊んでばかりではありませんよ!ちゃんと運用も頑張ってます^^メインの20mアンテナは隣の廃墟に設置。高さもあってFBでした。男性陣も、ちゃんと運用頑張ってますね〜。ここはお客さん用のMokilのサロン的な場所なのですが、どうやら私たちのPCを見て、村の人たちがネットが使えると勘違いしたようでして…会う人に後でインターネットを使わせて欲しい。って言われます(汗)みんなネットのアンテナだと思っていたらしい…このアンテナは置いて行ってくれるの?とか、色々質問されて困りました。いや〜〜ネットは使えないのよね…って事で、ここでまたアマチュア無線の説明が必須になりますが、ヨーロッパの人と通信が出来るんだから、ネットも繋がるのでは?とか…ま〜とにかく大変でした(笑)あの大がかりなアンテナや無線機関連見たら、何もない島の人は何でもできちゃうと思っちゃうかもしれませんね。。。
DSCN3508-min.jpg DSCN3496-min.jpg DSCN3523-min.jpg
ここは飲料水の飲めない島なので、持ってきた水以外は、ココナツジュースで水分補給となります。ココナツはそこらじゅうになっていて、チーフから好きなだけ取っていいよ。と許可を頂いていたので、たくさん飲みました。新鮮で超美味しいかったです。自分たちで穴をあけて飲むのですが、某OMはサバイバル大好きなのでナタを振り回して楽しそうにココナツジュース作りを楽しんでいました。

あ〜〜〜すみません。もうお昼だ!今日は出遅れてしまったので…と言うかドラクエで勇者の旅に出てるので寝不足気味です(汗)また明日続きを書きたいと思います。先日、オーナーから畑で採れたビーツを頂いたので、Sergeyのママ、カテリーナさんに本場ウクライナのボルシチレシピを教えてもらって昨日作ってみました。ボルシチはロシア料理として有名ですが、本当はウクライナが発祥の地で、ウクライナ料理なのだそうです。ちょっと、日本で出回ってるレシピとは違いますが、作ってみたら美味しかった〜〜!!YumYum!参考のYoutubeも教えてくれました。

20664187_842563455897061_1720578632184105109_n.jpg 20621869_842563502563723_8123601840859047881_n.jpg 20622231_842563719230368_1908522939318184956_n.jpg
ちょっとトマトの代わりに缶詰のカットトマトを使ったので、トマトスープっぽい色になっておりますが^^;ま〜〜お味はほんと美味しかったですよ。ビーツが手に入ることがあれば本場のボルシチ、ぜひお試しください!

ではでは〜〜今日も素敵な一日を!











posted by Mami at 12:37| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする